Blog

Recruit

社員の方にお話を聞いてみた Vol.6

皆さんこんにちは!

株式会社With Pet Family採用担当の椎橋です。

 

第6回目となる今回の社員の方にお話を聞いてみたは、

今年の4月に入社した新卒のシオリさんです!

実際にお話をしてみるとシオリさんのいろんな一面を知ることができて

とても楽しいインタビューになりました。

それでは、ご覧ください!

 

 

【WPFを知ったきっかけは?】

周りの人が「うしすけ」の話をしているのを聞いて知りました。

わんちゃんを飼っている友達とか、

専門学校時代にトレーニングのためにオーナーさんからわんちゃんを預かるんですけど、

そういった方たちからお話を聞いたのが最初のきっかけです。

 

【WPFに入社した理由は?】

色々勉強していく中で、自分はドックトレーナーに向いていないなって思うようになったんです。

自分が飼っているわんちゃんのトレーニングをするのは楽しいんですけど、

お客様のわんちゃんだとお客様の希望を叶えられるようにトレーニングをするのが、

すごくプレッシャーに感じたんです。

そんな中で、うしすけのことを知りました。

自分が調理師免許を持っていたこともあって、それを活かせるかもしれないと思いました。

あと、自分が勉強した知識もドックトレーナーとしていうと少し重くなってしまうけど、

お客様との関わりのなかでアドバイスをするという点ではすごくいいのではないかと思ったのも理由の一つです。

 

【入社する前と後のギャップを教えてください】

正直、あんまりぱっと思いつかないです笑

あえて言えば、思っていたより忙しいなくらいですね。

 

【入社してよかったことはなんですか?】

うまく言えないんですけど、人間関係が広くなったのが良かったと思います。

特に一緒に働いているスタッフの人たちがみんないい方で、

働きやすい環境だと思います。

あとは、稼ぐことができて、好きなものを買えることでしょうか笑

 

【将来WPFでどのような仕事がしたいいですか?】

保護犬の活動とかしてみてみたいです。

ただ単純に売り上げの一部を寄付するとかそういうことだけではなく、

フードを買ってあげたり、そのほか備品とか必要なものを準備してあげたり

そういうことができるような何かがあれば関わってみたいと思います。

 

【今後、応募してくる方へのメッセージをお願いします】

頑張ってください!!

大変なこともあるけど、やりがいを感じられます。

自分自身まだまだだと思っている部分がたくさんあって、

「ありがとうございます」を自信もって言えないこともありますが、

お客様の笑顔を見ると嬉しい気持ちになることもたくさんあります。

 

【この人の話を聞いてみたいっていう方はいますか?】

特に誰というのはないですが、皆さんがどういうお仕事をされているかわからないので、

普段自分と一緒に仕事をしていない方のお話を聞いてみたいです!

 

【趣味はありますか?】

趣味はドライブです。

愛犬を乗せてドライブに行ったり、ご飯を食べに行ったり、

特に目的地を決めずに運転したりもしています。

最近だと、幕張のほうに愛犬と一緒に海に行きました!

 

【譲れないこだわりはありますか?】

譲れないほどではないですが、最近だとバッグを持つことにこだわりがあります。

ちょっといいバッグだと長く使うことができるし、持つと気分が上がるんですよ笑

あとは、香水とか一番くじの景品とかを集めていたこともあります。

1回好きになると、とことん集めたくなるんです。

 

シオリさんありがとうございました!

新卒1年目のシオリさんのお話を聞いてみました!

1年目でまだまだ分からないことや勉強することが多いと思いますが、

是非1つずつ頑張ってくれればいいなぁと思います^^

 

今回はこの辺で。

それでは、またお会いしましょう!


関連記事

うしすけのまかない

こんにちは!採用担当の中野です。   お盆期間が終わり自分の体力の無さを改めて痛感しました、、。   今回は、まかないについてお話ししていきたいと思います。   主にお肉や野菜の端っこの部分・・・

2023年新卒懇親会を開催しました!

皆さんこんにちは! 株式会社With Pet Family採用担当の椎橋です。   株式会社With Pet Familyでは2023年4月に5名の方が新しく仲間になる予定となっております。 今回は、新しく仲間・・・

2024年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 株式会社With Pet Family採用担当の椎橋です。   まずは、令和6年能登半島地震により犠牲となられた方々に心よりお悔み申し上げるとともに、被災された方々に心よりお見・・・